« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年6月

2005年6月 7日 (火)

介護支援専門員

6月3日、やっと介護支援専門員(ケアマネージャー)の実務研修が終了し、ケアマネージャーとして登録されました。

昨年の10月24日に実務研修受講資格試験があり、合格発表が12月10日。

試験はさほど難しくはないのですが、合格率が約30%と競争試験になっていますから、何年間も挑戦している人もいるようです。ある程度運ですね。

それから飛び飛びに研修があって、終わったのが6月3日。愛知県は受講生が多いので時間がかかったようです。まだ終了していない人も一杯います。

今年の最高齢者は82歳の女性でした。たいしたものです。51歳のわたしなど若輩、若葉のように幼いものですな。

今後、しっかり勉強して自信をつけたら、福祉分野での仕事の可能性が広がるのではないかと思っています。

http://homepage3.nifty.com/yukijuku/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指圧教室終了

31年間、細々と継続していた家庭指圧講座を5月いっぱいで終了しました。

当初、家庭の主婦や退職した夫などを中心に家庭でできる指圧を指導していました。皆さん、家族や知人のためにと一生懸命勉強され、実際にこちらが驚くような効果を上げた方もおられました。

その後、何故か外国人が増えました。バブル期、日本で英語を教えて、帰国後大学院に行こうという若者が大勢いたのです。そして日本文化の一環として指圧の勉強に来ました。お陰で英語が片言ながら話せるようになりました。何名かの生徒はそれぞれの国に戻って資格を取得し、それを業としている人もいます。

ところがバブル後はどんどん外国人も減ってしまい、最後は日本人とブラジル人とブルガリア人が残りました。

近年は、ここで勉強して仕事にしたいという問い合わせが増えました。リラックス系のマッサージなら国家資格はいらないんだという風潮が広がり、カイロ、整体、リフレクス、気功、足裏、クイックなどとさまざまな名称で無資格営業が横行し、取り締まりも全くありません。

当初、家庭療法としての歴史を刻んできた指圧を教えることに意義を感じていたのですが、こうなってはそれも考え物です。ちょうど、介護支援専門員の資格も取得し、そちらの勉強もしなければならないので、けじめをつけて指圧教室を終了することにしました。

歴史は変わるものです。31年とは確かに長い年月でした。

http://homepage3.nifty.com/yukijuku/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »